初心者のための相続情報サイト

相続にあたって起こりがちなトラブル

相続にあたって起こりがちなトラブル 相続はお金や財産を分けるということであるので、人間の性からして元々トラブルと抱き合わせという性質があります。
だから昔からの生活の知恵で遺言という制度ができているわけです。
トラブルを避けるためには、生前に被相続人が自分の意思をきちんと固めて、相続人の間でもめ事が起こらないようにしないといけないわけです。
そしてあらかじめ納得させておくということも行われてきたいました。
しかし、どんなにきれいごとを並べても人には欲望があるので、絶対額よりも相対額にこだわります。
兄と弟であれば、その差がどのくらいあるかが問題になります。
そしてもう一つ厄介なのが遺留分という制度です。
これは相続に関して認識が少ないこともありまし、前述した遺言に反する部分があるので、気を付けないとトラブルの原因となってしまうわけです。
遺留分というのは、遺言に書かれた分とは異なり、元々法律で定められた取り分の半額は保証されるというものです。
長男に全額を譲るという遺言であっても、弟がいれば本来受け取れる法定分の半額相当分は受け取る権利があるということになります。
このことを意識していないと、後から問題を生じます。
後から気付く人や後から入れ知恵をされる人もいるため、家族間でももめ事が絶えないことになってしまうのです。

第三者に遺産を相続させる方法

第三者に遺産を相続させる方法 第三者に遺産を相続させることはできません、なぜならその場合は法律的に相続ではなく「遺贈」ということになるからです。
遺贈対象となった第三者は遺言者の遺言書が法的に正当かつ妥当な内容である場合に限り遺贈を受けることができます。
逆に言えば第三者に遺贈したい場合、遺言者は適切な形の遺言書を作成する必要があるということです。
また適切な内容で遺言書が作成されていたとしても必ずしも遺贈が行われるとは限りません。
これは遺贈が法律上は相続とは別の扱いとなり、相続の場合に適用される様々な保護措置を得られないためです。
具体的には遺贈対象が死んでいた場合、権利が遺贈対象者の家族に引き継がれると言ったことはありません。
民法994条1項の規定で「遺贈は遺言者の死亡以前に受遺者が死亡したときは、その効力を生じない」と定められています。
加えて不動産などを遺贈された場合でも、家族が勝手に登記や売却をしてしまい取得することができないといったケースがあります。
こうした理由から家族以外の人間に死後財産を適切に分配することは困難と言わざるを得ません。
財産を分配したいと考えるほど大切な相手であれば生きている間に生前贈与を行うことを考えた方が良いでしょう。

相続に関する情報リンク

相続 東京

新着情報

◎2018/11/16

親戚に相談したほうがいいか
の情報を更新しました。

◎2018/9/12

義親族に遺産を相続させる
の情報を更新しました。

◎2018/7/27

前妻が名乗りをあげるパターン
の情報を更新しました。

◎2018/5/31

サイト公開しました

「相続 トラブル」
に関連するツイート
Twitter

RT @strueno_ncp10: こういう話を信じて、名義人が死亡した事実を隠したまま勝手に通帳からお金を下すと、のちのち親族間で相続トラブルに繋がります。親族とはいえども勝手に他人のお金を下したことに対して、不当利得の返還義務・損害賠償・私文書偽造なども問われかねないです。

Twitterててら「あくまで個人の見解ですが@NovenaTetera

返信 リツイート 33分前

波乗り行きたいのに雑用多すぎ この歳になると周りでは相続についてのトラブル頻発 一番厄介なのは血縁関係の無い 嫁or婿が裏で糸を引いてると骨肉の争いに拍車がかかる事。笑 僕が当事者なら感情入ってキレまくるなぁ笑

Twitter平身低頭の石ちゃん@k_surfpoint

返信 リツイート 35分前

RT @strueno_ncp10: こういう話を信じて、名義人が死亡した事実を隠したまま勝手に通帳からお金を下すと、のちのち親族間で相続トラブルに繋がります。親族とはいえども勝手に他人のお金を下したことに対して、不当利得の返還義務・損害賠償・私文書偽造なども問われかねないです。

「法律相談会」 2018年12月13日(木) 15時~17時 静岡商工会議所・静岡事務所1F 相続・土地建物の譲渡、借地権などのトラブルの相談に応じます 相談者:弁護士 河野誠氏 無料 秘密厳守 予約電話054-253-5113 pic.twitter.com/gF4gua6ves

Twitter静岡商工会議所 広報室@shizuoka_cci

返信 リツイート 8:43

なんでも法律・市政相談(無料)も予定。ご近所とのちょっとしたトラブルや仕事上の悩み事から相続問題、DV。日常生活における困り事、誰か専門家に相談したいけど、どこに誰に相談したらいいのかわからないという方。ご連絡ください。ご相談をお聞きした上で、適切な専門家を無料でご紹介します。

TwitterNPO法人学遊「園田」@NPOGakuyu

返信 リツイート 2:43

消費者啓発講座「安心シニアライフ~遺言と相続と悪質商法と」を受講して来た。相続税の基礎控除、遺言の種類、法定相続分と遺留分、生命保険の活用、等々。架空請求、ネットトラブル、押し買い、点検商法、利殖商法、原野商法二次被害、次々販売、クーリングオフ、等々。#遺言 #相続 #悪質商法

半年前からの隣人はどんな人? 何年か前に隣人が亡くなり、相続人が外国人専用の賃貸にしたため、1~2年ごとに住人がかわるのだが、彼らには引っ越しの挨拶という習慣が無いので、玄関前で遭遇する以外全く確認できない トラブルの解決もお互いの不動産会社を通してのやりとりで、うんざりしている

TwitterHalu o mau loa~永遠のハル@halumahalo1213

返信 リツイート 昨日 16:13

本気と書いてマジで保険屋をやっている身からすると、葬儀代を銀行口座に準備してても、死亡と口座凍結の前後にお金を下ろしてると相続トラブルの元になるのは確か…。だから、即日下りる保険だと凄く助かるというお客様の声に応え、死亡後24時間以内に500万まで下ろせるサービスなんかがあるわけで

死亡してから勝手に出金したら、それこそトラブルだよ。相続人が自分だけならまだしも、他にもいるのに勝手に懐の入れたらまずいよ。後々、他の相続人に請求されるんじゃない?

死亡届出したところで銀行にその通知が行くわけではないので、凍結されないよ。亡くなった事実を聞いたらすぐ凍結するし、相続手続きしないと出金できない。葬儀費用とかなら、相談すれば大丈夫だと思う。 相続トラブルも多いから、明日の食費もないほどの状態だとまずいと思う……