初心者のための相続情報サイト

相続にあたって起こりがちなトラブル

相続にあたって起こりがちなトラブル 相続はお金や財産を分けるということであるので、人間の性からして元々トラブルと抱き合わせという性質があります。
だから昔からの生活の知恵で遺言という制度ができているわけです。
トラブルを避けるためには、生前に被相続人が自分の意思をきちんと固めて、相続人の間でもめ事が起こらないようにしないといけないわけです。
そしてあらかじめ納得させておくということも行われてきたいました。
しかし、どんなにきれいごとを並べても人には欲望があるので、絶対額よりも相対額にこだわります。
兄と弟であれば、その差がどのくらいあるかが問題になります。
そしてもう一つ厄介なのが遺留分という制度です。
これは相続に関して認識が少ないこともありまし、前述した遺言に反する部分があるので、気を付けないとトラブルの原因となってしまうわけです。
遺留分というのは、遺言に書かれた分とは異なり、元々法律で定められた取り分の半額は保証されるというものです。
長男に全額を譲るという遺言であっても、弟がいれば本来受け取れる法定分の半額相当分は受け取る権利があるということになります。
このことを意識していないと、後から問題を生じます。
後から気付く人や後から入れ知恵をされる人もいるため、家族間でももめ事が絶えないことになってしまうのです。

第三者に遺産を相続させる方法

第三者に遺産を相続させる方法 第三者に遺産を相続させることはできません、なぜならその場合は法律的に相続ではなく「遺贈」ということになるからです。
遺贈対象となった第三者は遺言者の遺言書が法的に正当かつ妥当な内容である場合に限り遺贈を受けることができます。
逆に言えば第三者に遺贈したい場合、遺言者は適切な形の遺言書を作成する必要があるということです。
また適切な内容で遺言書が作成されていたとしても必ずしも遺贈が行われるとは限りません。
これは遺贈が法律上は相続とは別の扱いとなり、相続の場合に適用される様々な保護措置を得られないためです。
具体的には遺贈対象が死んでいた場合、権利が遺贈対象者の家族に引き継がれると言ったことはありません。
民法994条1項の規定で「遺贈は遺言者の死亡以前に受遺者が死亡したときは、その効力を生じない」と定められています。
加えて不動産などを遺贈された場合でも、家族が勝手に登記や売却をしてしまい取得することができないといったケースがあります。
こうした理由から家族以外の人間に死後財産を適切に分配することは困難と言わざるを得ません。
財産を分配したいと考えるほど大切な相手であれば生きている間に生前贈与を行うことを考えた方が良いでしょう。

相続に関する情報リンク

相続 東京

新着情報

◎2019/1/28

縁切りした親からの相続
の情報を更新しました。

◎2018/11/16

親戚に相談したほうがいいか
の情報を更新しました。

◎2018/9/12

義親族に遺産を相続させる
の情報を更新しました。

◎2018/7/27

前妻が名乗りをあげるパターン
の情報を更新しました。

◎2018/5/31

サイト公開しました

「相続 トラブル」
に関連するツイート
Twitter

『会社の相続』事業承継のトラブル解決|編集部おすすめの1冊 maonline.jp/articles/book3…

Twitter板金業界の専門誌 Sheetmetal@machinist_pub

返信 リツイート 19:43

遺言は万能ではない。遺言をしても法定相続人には遺留分があり法定相続分の1/2は相続する権利がある。相続トラブルを根絶するには、生前に資産を贈与する以外に方法はない。

Twitter金持ち大家ツイートまとめ@okeasy738fkd

返信 リツイート 19:29

【新着情報】: [お知らせ]東京三弁護士会 多摩地区無料法律相談会(3月16日開催)定員に達しました - 相続や離婚、金銭トラブルなど、さまざまな法律問題について、弁護士がお答えします。 bit.ly/2S36kFO #hachioji #八王子

Twitter八王子市HPお知らせ通知bot(非公式)@hachioji_info

返信 リツイート 18:30

平尾昌晃さんの遺産相続トラブル?今初めて見たけどよくわからん。三男がMさんのこと一方的に嫌ってるようにしか見えないんだが… 勇気さん、今日スタジオおらんからみんな言いたい放題ねw #バイキング

相続診断士のすまing代表ブログ『相続豆知識』相続は誰にでも起こります。しっかり知識を持つことでトラブルを未然に防ぎましょう。sumaing.jp/category/souzo…

Twitter『 すまing 』オネストワン株式会社@info_sumaing

返信 リツイート 13:18

60億円遺産相続トラブルのニュース、間をとって俺が貰う方向で地裁の判決でないかな~

ただ,人工授精は認知・養育費・将来の相続といったトラブルの原因になり,そのことが夫婦間の信頼や生活の平穏を侵害するので離婚の理由にはなる。したがって,妻は夫に対して離婚慰謝料を請求すべきであり,かつ,それで溜飲を下げるべきということになるんじゃないか。#ビビッド

Q&A 「家族信託」の活用 ~これで親子の相続・介護トラブルを防ごう! 2月28日 販売開始 amzn.to/2SerO2G

Twitter司法書士柴崎智哉(東松山)@alfa_8000

返信 リツイート 9:27

だだっ広い日本屋敷を相続することになったんだけど、由来もわからぬ巨大な石を撤去した辺りから隣人に因縁をつけられたり色々なトラブルが起こり始め……といういかにもクトゥルーの導入みたいな夢を見た

江川達也の印税はいくら?家族がクズっぷりが酷い!実の兄と母のトラブルは?  歯科医にならずに研究者を目指したのが上手く行かずに、弟の資産を食い物にしたということらしい。 資産を管理する母を唆し宗教にお布施させ、更には父の遺産を相続放棄で奪おうとしたと。 terabot.info/geinou/egawata…