初心者のための相続情報サイト

相続にあたって起こりがちなトラブル

相続にあたって起こりがちなトラブル 相続はお金や財産を分けるということであるので、人間の性からして元々トラブルと抱き合わせという性質があります。
だから昔からの生活の知恵で遺言という制度ができているわけです。
トラブルを避けるためには、生前に被相続人が自分の意思をきちんと固めて、相続人の間でもめ事が起こらないようにしないといけないわけです。
そしてあらかじめ納得させておくということも行われてきたいました。
しかし、どんなにきれいごとを並べても人には欲望があるので、絶対額よりも相対額にこだわります。
兄と弟であれば、その差がどのくらいあるかが問題になります。
そしてもう一つ厄介なのが遺留分という制度です。
これは相続に関して認識が少ないこともありまし、前述した遺言に反する部分があるので、気を付けないとトラブルの原因となってしまうわけです。
遺留分というのは、遺言に書かれた分とは異なり、元々法律で定められた取り分の半額は保証されるというものです。
長男に全額を譲るという遺言であっても、弟がいれば本来受け取れる法定分の半額相当分は受け取る権利があるということになります。
このことを意識していないと、後から問題を生じます。
後から気付く人や後から入れ知恵をされる人もいるため、家族間でももめ事が絶えないことになってしまうのです。

第三者に遺産を相続させる方法

第三者に遺産を相続させる方法 第三者に遺産を相続させることはできません、なぜならその場合は法律的に相続ではなく「遺贈」ということになるからです。
遺贈対象となった第三者は遺言者の遺言書が法的に正当かつ妥当な内容である場合に限り遺贈を受けることができます。
逆に言えば第三者に遺贈したい場合、遺言者は適切な形の遺言書を作成する必要があるということです。
また適切な内容で遺言書が作成されていたとしても必ずしも遺贈が行われるとは限りません。
これは遺贈が法律上は相続とは別の扱いとなり、相続の場合に適用される様々な保護措置を得られないためです。
具体的には遺贈対象が死んでいた場合、権利が遺贈対象者の家族に引き継がれると言ったことはありません。
民法994条1項の規定で「遺贈は遺言者の死亡以前に受遺者が死亡したときは、その効力を生じない」と定められています。
加えて不動産などを遺贈された場合でも、家族が勝手に登記や売却をしてしまい取得することができないといったケースがあります。
こうした理由から家族以外の人間に死後財産を適切に分配することは困難と言わざるを得ません。
財産を分配したいと考えるほど大切な相手であれば生きている間に生前贈与を行うことを考えた方が良いでしょう。

相続に関する情報リンク

相続 東京

新着情報

◎2019/1/28

縁切りした親からの相続
の情報を更新しました。

◎2018/11/16

親戚に相談したほうがいいか
の情報を更新しました。

◎2018/9/12

義親族に遺産を相続させる
の情報を更新しました。

◎2018/7/27

前妻が名乗りをあげるパターン
の情報を更新しました。

◎2018/5/31

サイト公開しました

「相続 トラブル」
に関連するツイート
Twitter

デジタル遺産の相続トラブルを回避せよ ネット証券、仮想通貨、FXなどの正しい扱い方: ネット証券やネットバンクなどで管理する「デジタル遺産」が急増し、相続トラブルの内容が様変わりしています。デジタ… wealthwindow.jp/g/8HdT2k2EYn247

相続診断士のすまing代表ブログ『相続豆知識』相続は誰にでも起こります。しっかり知識を持つことでトラブルを未然に防ぎましょう。sumaing.jp/category/souzo…

Twitter『 すまing 』オネストワン株式会社@info_sumaing

返信 リツイート 13:18

大塚家具もだけどもめますな🤔 相続トラブルなぜ起きる「ニトリ創業家」遺産裁判で検証(SmartFLASH) headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019…

『会社の相続』事業承継のトラブル解決|編集部おすすめの1冊 maonline.jp/articles/book3…

(6/12)6つの共有不動産トラブルの原因|相続不動産で増加する「共有名義」のトラブル実態とその解決方法を教えます~朝日新聞マイベストプロ主催セミナー investment555.com/2019/02/18/%ef… pic.twitter.com/hL3ML8TKuY

相続トラブルなぜ起きる「一澤帆布の創業家」遺産裁判で検証 this.kiji.is/46867452804805…

僕の相続問題(相続トラブル) 実家には骨董品級から新しい物まで銀食器も大量にある(あるはず)だけど、それも「資産」になるのかな? 漆器製品とかも。 まさかね… 普段お味噌汁飲む器まで「資産」扱いされたら、たまったもんじゃない。

TwitterLelouch Vi Britannia(通称&略称・ルル)@Gawain0620

返信 リツイート 昨日 23:07

はい、忘れてませんよ? 父親が死んでの、相続トラブル。 遅々として進んでないようです。(弟からも誰からも連絡がないから) でも 今は そういった事 忘れさせてください。 4月10日までにはケリをつけます。 家庭裁判所に相続放棄の申請をする期限が、死んだのが「分かって」から3ヶ月以内だから。

TwitterLelouch Vi Britannia(通称&略称・ルル)@Gawain0620

返信 リツイート 昨日 22:29

行政書士とは,国家試験等に合格し,日本行政書士会連合会に登録された者を言います。行政書士は,法律に定める業務を行う者で,皆様に代わって役所に申請する営業許可等の書類の作成,相続・遺言書等の権利義務,契約書の作成などによりトラブルの予防するなど,法律事務を業とする国家資格です

Twitter高松海事事務所【船舶免許更新センター】@marine_office

返信 リツイート 昨日 20:26

相続トラブルほんと怖いな、まさに死人に口なし