親戚に相談したほうがいいか

親戚に相談したほうがいいか

親戚に相談したほうがいいか 夫もしくは父親などが亡くなった時には、故人が所有していた不動産などの財産を、相続することになります。その場合、妻や子供がいる場合には、法律に従って配分をしていくことになります。もし個人が遺書を遺していたらそれに従うことになります。
さらには財産の相続といっても、それはプラスの財産だけでなくマイナスの財産だけが残っていたということもあります。その場合は、相続放棄という手続きをとる必要があります。夫や父親がなくなってから何日以内にやらなければならないときまっていますので、司法書士や弁護士に相談をして速やかに行う必要があります。
これを親戚を巻き込んで家族だけできめようとなるともめごとの要因になります。財産が多いからもめないということではなく、すくない財産であってももめる要因ですから、司法書士や弁護士などのプロに相談をして第3者の意見を聞きながら手続きをしていくのが円満に解決をしていく近道といえます。

親の相続の取り分は最初から法律で決まっている

親の相続の取り分は最初から法律で決まっている 親が亡くなったときに得られることが可能な相続の取り分は、法律によって初めから決められています。これは、法定相続と呼ばれているものです。親が亡くなった場合、その子どもは父か母の半分の取り分を受け取ることができます。
法定割合で受け取ることが可能な部分であるため、もちろんこれ以上の取り分を得ることも可能です。ただ、それ以上の遺産を手に入れるためには遺産分割協議などの話し合いを行わなくてはいけません。一般的に、法定割合以上の遺産を入手するためには、遺書を見つけるか協議を行って他の権利者に納得をしてもらうかのどちらかになります。遺書の場合は故人の意思を最大限に汲むことになりますので、この言い分を覆すのは非常に難しいのですが、協議を行った場合にはお互いの同意で利益を分散させることができます。仮に、一部の権利者が財産を放棄したときにはそれらの財産の行き先を話し合うことになります。ですから、それ以外に関しては法律で決められた分だけ継承することになるわけです。

新着情報

◎2019/3/8

生命保険を相続したときの相続税
の情報を更新しました。

◎2019/1/28

縁切りした親からの相続
の情報を更新しました。

◎2018/11/16

親戚に相談したほうがいいか
の情報を更新しました。

◎2018/9/12

義親族に遺産を相続させる
の情報を更新しました。

◎2018/7/27

前妻が名乗りをあげるパターン
の情報を更新しました。

◎2018/5/31

サイト公開しました

「相続 法律」
に関連するツイート
Twitter

【法定相続分】…被相続人による相続分の指定がない場合に、法律の規定によって定まる相続分。遺留分を侵さない限度で遺贈の制度を認めている。【法定相続主義】

二 配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。

いやほんと… 相続関連が面倒だなこの国の法律

【芸連】『依頼人』/『ペリカン文書』/『相続人』/『ザ・ファーム 法律事務所』 → ジョン・グリシャム

ウチの事務所は、世界的セレブとの契約もあれば、世界主要国法律リサーチもあれば、500億円級M&Aもあれば、離婚も国際相続も刑事も何でもやる。 専門性持った方がいいんでしょうけど、「中山先生しかいない」って思われて頼りにされると、断れないよね〜

Twitter中山達樹@4/15(月)2nd GGC@77Tatsu

返信 リツイート1 昨日 21:56

RT @minjiho_henshu: 司法書士のための総合法律情報誌「市民と法」116号を校了しました。本号では「相続と土地法をめぐる現代的課題」を特集するほか、「所有者不明土地」「債権法改正による詐害行為取消しと不動産登記」に関する論説解説、「資格者代理人」の短期集中連載を…

【解除条件説】胎児もすでに制限的な権利能力があるが、死産の場合には、はじめから権利能力がなかったものとして取り扱うというもの。胎児の母は胎児を代理することができ、相続についてもその時点で相続することになる。死産の場合はそれまでの法律行為をすべて元に戻さなければならない。

やっぱ、都内の綺麗なオフィスでコンサルやる法律家よりも、離島や限界集落に出張相談で出向いて、遺産相続や、生活保護の代理申請とかやる法律家がいいなー たまに市民講座で家族法教えたり…

民法906条は、相続人の相続分に応じ、現実に遺産に属する個々の財産の帰属を定めるにつき、考慮すべき事項を定めたものであって、法律上定まった相続分を変更することを許した規定ではない(東京高決/S42/1/11)。

第三章 国民の権利及び義務 第二四条 (2)配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。