親戚に相談したほうがいいか

親戚に相談したほうがいいか

親戚に相談したほうがいいか 夫もしくは父親などが亡くなった時には、故人が所有していた不動産などの財産を、相続することになります。その場合、妻や子供がいる場合には、法律に従って配分をしていくことになります。もし個人が遺書を遺していたらそれに従うことになります。
さらには財産の相続といっても、それはプラスの財産だけでなくマイナスの財産だけが残っていたということもあります。その場合は、相続放棄という手続きをとる必要があります。夫や父親がなくなってから何日以内にやらなければならないときまっていますので、司法書士や弁護士に相談をして速やかに行う必要があります。
これを親戚を巻き込んで家族だけできめようとなるともめごとの要因になります。財産が多いからもめないということではなく、すくない財産であってももめる要因ですから、司法書士や弁護士などのプロに相談をして第3者の意見を聞きながら手続きをしていくのが円満に解決をしていく近道といえます。

親の相続の取り分は最初から法律で決まっている

親の相続の取り分は最初から法律で決まっている 親が亡くなったときに得られることが可能な相続の取り分は、法律によって初めから決められています。これは、法定相続と呼ばれているものです。親が亡くなった場合、その子どもは父か母の半分の取り分を受け取ることができます。
法定割合で受け取ることが可能な部分であるため、もちろんこれ以上の取り分を得ることも可能です。ただ、それ以上の遺産を手に入れるためには遺産分割協議などの話し合いを行わなくてはいけません。一般的に、法定割合以上の遺産を入手するためには、遺書を見つけるか協議を行って他の権利者に納得をしてもらうかのどちらかになります。遺書の場合は故人の意思を最大限に汲むことになりますので、この言い分を覆すのは非常に難しいのですが、協議を行った場合にはお互いの同意で利益を分散させることができます。仮に、一部の権利者が財産を放棄したときにはそれらの財産の行き先を話し合うことになります。ですから、それ以外に関しては法律で決められた分だけ継承することになるわけです。

新着情報

◎2018/11/16

親戚に相談したほうがいいか
の情報を更新しました。

◎2018/9/12

義親族に遺産を相続させる
の情報を更新しました。

◎2018/7/27

前妻が名乗りをあげるパターン
の情報を更新しました。

◎2018/5/31

サイト公開しました

「相続 法律」
に関連するツイート
Twitter

コメダで隣の席の法学部の学生と思しき男子たち、ずっと相続とかの法律の話してるんだけど、中のひとりがなかなかの低音イケボなので、君koekoeとかに投稿したらモテるよと唆したい

(第二十八条続き)社会生活において家長および男子の専横を可能とする非民主的な戸主制ならびに家督相続制はこれを廃止する。夫婦ならびに親族生活において女子にたいする圧迫と無権利とをもたらす法律はすべて廃止される。(第二章 人民の基本的権利と義務)

Twitter日本人民共和国憲法草案bot@JCP_peoples_re

返信 リツイート 12:31

神楽坂で不動産・財産・相続のご相談はお気軽に。静かな山吹町エリアのオフィス・英語での相談が可能です。ミモザの森法律事務所 mimosaforestlawoffice.com

TwitterKazuko Ito 伊藤和子@Humam Rights Now@KazukoIto_Law

返信 リツイート 10:31

第二十四条 勤労にもとづく財産および市民としての生活に必要な財産の使用・受益・処分は法律によつて保障され、その財産は相続を認められる。社会的生産手段の所有は公共の福祉に従属する。財産権は公共の福祉のために必要な場合には法律によつて制限される。(第二章 人民の基本的権利と義務)

Twitter日本人民共和国憲法草案bot@JCP_peoples_re

返信 リツイート 10:01

なんでも法律・市政相談(無料)も予定。ご近所とのちょっとしたトラブルや仕事上の悩み事から相続問題、DV。日常生活における困り事、誰か専門家に相談したいけど、どこに誰に相談したらいいのかわからないという方。ご連絡ください。ご相談をお聞きした上で、適切な専門家を無料でご紹介します。

TwitterNPO法人学遊「園田」@NPOGakuyu

返信 リツイート 8:43

【解除条件説】胎児もすでに制限的な権利能力があるが、死産の場合には、はじめから権利能力がなかったものとして取り扱うというもの。胎児の母は胎児を代理することができ、相続についてもその時点で相続することになる。死産の場合はそれまでの法律行為をすべて元に戻さなければならない。

Twitter公務員勉強用@a_t4a64

返信 リツイート 7:45

[憲][法の下の平等3] 非嫡出子と嫡出子の相続分差別は、社会的身分による差別のため厳格性基準が妥当。法律婚尊重の為という立法目的は正当だが、なんの責任もない非嫡出子を差別するという手段との合理的関連性が認められず、近時の最高裁判決により違憲とされた。

Twitter公務員試験専門記述 専記bot@senki_bot

返信 リツイート 6:50

遺産相続て本人が死んだら破棄出来るプラスなものもマイナスなものも。ウチはねマイナスなんですよなのに破棄しない母親とは何だったのか?まぁ馬鹿だからでしょう日本人て法律疎くてただあとはただの1度も返済しなければ何処れ時効の時は来ます要はそれも手なんですがまぁ母親は只の馬鹿ですけど

相続から成年後見制度まで弁護士シニアサポートは様々な法律問題に対応しています! senior-law.jp

Twitter弁護士シニアサポート@senior_law

返信 リツイート 0:37

民法906条は、相続人の相続分に応じ、現実に遺産に属する個々の財産の帰属を定めるにつき、考慮すべき事項を定めたものであって、法律上定まった相続分を変更することを許した規定ではない(東京高決/S42/1/11)。