義親族に遺産を相続させる

義親族に遺産を相続させる

義親族に遺産を相続させる 遺産は優先順位によって割合が定められています。配偶者が最も大きな権利を有し、同時に血族相続人である第一順位の直系卑属となる子や孫、第二順位の直系卑属の父母や祖父母、第三順位の兄弟姉妹がそれぞれ割合に応じた遺産を受取ることができます。つまり、配偶者は常に相続権を有し、他の対象者に関しては、例えば第一順位がいなければ第二順位の人が権利を持つことになります。
課題は血族外にも権利が発生するケースがあることです。義理関係が該当し、1例を上げれば娘と婿といったケースが考えられます。例えば娘の親が婿名義で不動産を与えたとします。この場合、婿が不幸にして亡くなったとすれば、子供がいれば娘が1/2、子供が1/2で相続が行われます。しかし、いない場合には全く血のつながりのない人に権利が移ることになり、娘が2/3で婿の父母に1/3の遺産が与えられます。また、仮に父母が亡くなっていたとすれば今度は婿の兄弟に権利が移ることになり、ここでは3/4が娘、兄弟へは1/4の相続が行われることになります。

事実婚と相続問題

事実婚と相続問題 最近は結婚の形も様々になってきています。姓を揃えることに不便さを感じていたり、個人を尊重したいという思いがあったりという場合、あえて入籍をしないまま夫婦として生活する事実婚をとるという方も出てきているのです。前の結婚で子供がいる場合なども、あえて入籍をしないということがあるようです。もちろん生き方は人それぞれですからよいのですが、事実婚となると法律上の結婚と異なることから問題も生じてくることがあるので注意しましょう。
夫婦という形で生活していたとしても、籍が入っていないことで亡くなった人の財産を事実婚の配偶者が相続できないということが起こるのです。どうしても籍を入れることができないというケースの場合には、遺言で財産を遺贈するなどという事も考えておきたいものです。特に理由がないのであれば、相続時に問題が生じないように籍をきちんと入れておくという事も考えておきたいものです。いつ何が起こるかわかりませんから、甘く考えずに準備をしておきましょう。

新着情報

◎2018/11/16

親戚に相談したほうがいいか
の情報を更新しました。

◎2018/9/12

義親族に遺産を相続させる
の情報を更新しました。

◎2018/7/27

前妻が名乗りをあげるパターン
の情報を更新しました。

◎2018/5/31

サイト公開しました

「相続 遺産」
に関連するツイート
Twitter

家の相続登記は、相続放棄の手続きで進めるつもりだったけど、司法書士に勧められて、遺産分割協議書による相続登記にした。 身内同士の話し合いや実印もらいは大変だった。

Twitter🐤文鳥ちゃん🐤@土地家屋調査士・行政書士受験生🌸(通信大学生)@bunntyousama

返信 リツイート 1分前

返信先:@meggoto40 リスとウサギを食べる…のか…(困惑黒死牟殿) ふつうに猫に生まれ変わって大豪邸の老婦人に飼われてくださいみみさん。でもその夫人が遺産を猫に相続させると言い出し、それが不満な執事は猫に薬を盛り夜中にこっそり…続く

Twitterやまだ@響凱さん祝20位健闘!@266879_5648

返信 リツイート 33分前

お母さんはおばあちゃんに、遺産を放棄して弟家族に全部相続させろって言ったんだ。 私おばあちゃんに母さんはてめぇの娘なんじゃねぇのかよ、ってブチ切れてから会ってない

5つ子に遺産相続で揉めて欲しい

RT @kurage60: 猫は年収とか確定申告とかポリティカル・コレクトネスとか倦怠期とか地球温暖化とか豊洲移転問題とか燃えるゴミの日とか遺産相続とか中野駅での人身事故とかエポスカードからの手紙とか愛とか正義とか人生とか自由意志とか気にしなくていいからいいよな。人間は気にする…

末吉殺し、、 キクエ殺し、、 親が死んでバンザイの発達障害、、 遺産相続で骨肉へ、、 お金で何でも買える?

返信先:@cueforqueenxoxo 大金は人を狂わせるということを知っているでしょうし。ジムはガーデンロッジからは追い出されたけどアイルランドに2人で住むために購入した家は相続してるんですよね。晩年一緒に暮らしたシェフの人たちにも同じぐらいの遺産と家を残しているようですね。

返信先:@arak2 葬儀場と遺産相続の無料相談もそのうち加わります

平成25年度試験:問題30 『詐害行為取消権に関する次の記述のうち、民法の規定および判例に照らし、妥当なものはどれか。 1 遺産分割協議は、共同相続人の間で相続財産の帰属 …』 ⇒ cal1207.sakura.ne.jp/gs/q25_30.html #行政書士 #過去問題 #資格 #試験

Twitter行政書士試験過去問題BOT@gs_kakomon

返信 リツイート 12:30

相続人の財産は、相続開始から相続人全員の共有財産となります。遺産の分割には現物分割、換価分割、代償分割と3種類あります。トラブル防止には遺産分割協議書の作成も重要です。その他、遺言の書き方や遺留分(権利の最低保障割合)も定められています。