前妻が名乗りをあげるパターン

前妻が名乗りをあげるパターン

前妻が名乗りをあげるパターン 前妻に相続権があるのか、といえば基本的にはないです。しかし、相続争いに名乗りをあげることがあります。その一つとして子供がいる場合です。これは当然、子供に権利がありますから別に悪いことではないです。揉めることになるでしょうが、法律的にはキチンと実子であれば均等な権利があります。

極端な話し、権利がない人が何を喚こうが意味がない、という現実的な要素はしっかりとあるのです。つまりは、前の妻である、ということだけで相続人として名乗りでることは法律的に不可能になります。タカリと同じような行為です。

別れた時に財産は分与されているわけですし、前妻が要求できる分与というのは法律的にはないです。それでも揉めることがあるのが遺産分配というものであり、亡くなった人が金持ちであるのかどうかというのは実はトラブルの可能性にはそこまで影響がないとも言われています。要するに相手次第といえるわけです。そもそも普通に法律知識があれば前の妻には権利がないことはわかるからです。

非嫡出子も遺産を相続できるの?

非嫡出子も遺産を相続できるの? 父親と母親が結婚していない状態の中で産まれた子供は法的に非嫡出子と言いますが、嫡出子と同様に相続人になります。ただし、父親の遺産を継ぐためには父親から認知されていることが必要です。母親とは親子関係がはっきりしているため、母親の遺産については問題になりませんが、父親の遺産については実際の血縁関係に関わらず、認知されているという法的な地位確定により相続人になります。親との親子関係が法律的に確定しているのであれば、嫡出子(婚姻関係にある夫婦から産まれた子供)も非嫡出子も相続人としての立場に違いはなくなります。平成25年12月に民法が改正されるまでは嫡出子と非嫡出子は不平等な扱いがなされていましたが、現在は平等になっています。
認知されていないために遺産相続できないという場合でも、子ども本人が請求することで裁判や審判といった法的措置によって親子関係を確定することが可能です。父本人が死亡している場合もで、死後3年間は裁判所に対して請求することで遺産分割を請求することができるようになるのです。

新着情報

◎2018/11/16

親戚に相談したほうがいいか
の情報を更新しました。

◎2018/9/12

義親族に遺産を相続させる
の情報を更新しました。

◎2018/7/27

前妻が名乗りをあげるパターン
の情報を更新しました。

◎2018/5/31

サイト公開しました

「相続 非嫡出子」
に関連するツイート
Twitter

[憲][法の下の平等3] 非嫡出子と嫡出子の相続分差別は、社会的身分による差別のため厳格性基準が妥当。法律婚尊重の為という立法目的は正当だが、なんの責任もない非嫡出子を差別するという手段との合理的関連性が認められず、近時の最高裁判決により違憲とされた。

Twitter公務員試験専門記述 専記bot@senki_bot

返信 リツイート 6:50

【最高裁の判例などで認められた合理的根拠のある区別】①累進課税 ②少年犯罪の刑の軽減 ③国籍条項(日本国籍のない者は公務員に認められない) ④外国人選挙権の否定 ⑤非嫡出子相続分区別(非嫡出子相続分を嫡出子の1/2とする)

[憲][法の下の平等3] 非嫡出子と嫡出子の相続分差別は、社会的身分による差別のため厳格性基準が妥当。法律婚尊重の為という立法目的は正当だが、なんの責任もない非嫡出子を差別するという手段との合理的関連性が認められず、近時の最高裁判決により違憲とされた。

Twitter公務員試験専門記述 専記bot@senki_bot

返信 リツイート 昨日 6:52

☆改正論点☆ 民法の改正により、非嫡出子相続分:嫡出子の相続分=1:1となりました。平成25年9月5日以後に開始した相続について適用されます。 半血兄弟姉妹:全血兄弟姉妹の相続分については1:2のままです。 twitpic.com/dcybjs.png twitpic.com/dcybjs

【最高裁の判例などで認められた合理的根拠のある区別】①累進課税 ②少年犯罪の刑の軽減 ③国籍条項(日本国籍のない者は公務員に認められない) ④外国人選挙権の否定 ⑤非嫡出子相続分区別(非嫡出子相続分を嫡出子の1/2とする)

[憲][法の下の平等3] 非嫡出子と嫡出子の相続分差別は、社会的身分による差別のため厳格性基準が妥当。法律婚尊重の為という立法目的は正当だが、なんの責任もない非嫡出子を差別するという手段との合理的関連性が認められず、近時の最高裁判決により違憲とされた。

Twitter公務員試験専門記述 専記bot@senki_bot

返信 リツイート 1/17(木) 6:55

嫡出子と非嫡出子への遺産の相続において、出生について何の責任も負わない非嫡出子を、出生を理由に法律上差別することは、婚姻の尊重・保護という立法目的の枠を超えるものであり、立法目的と手段との実質的関連性は認められず、合理性を欠き違憲であるとするのが判例である。

Twitter自分用 憲法正肢bot@kenpoupqr

返信 リツイート 1/16(水) 19:12

認知の効果は出生に遡るけど、準正は要件揃った時点で効果ってことかな? 実質的には(相続)変わらないけど、 認知されたら、 出生から認知(or親の婚姻)のときまでは「認知された非嫡出子時代」で、認知(or親の婚姻)のときから「認知された嫡出子時代」というプロフィールになる ってことかな?

Twitterレアルレアル☆しほしょ行く!@d29emW3uoiUk58f

返信 リツイート 1/16(水) 13:49

[憲][法の下の平等3] 非嫡出子と嫡出子の相続分差別は、社会的身分による差別のため厳格性基準が妥当。法律婚尊重の為という立法目的は正当だが、なんの責任もない非嫡出子を差別するという手段との合理的関連性が認められず、近時の最高裁判決により違憲とされた。

Twitter公務員試験専門記述 専記bot@senki_bot

返信 リツイート 1/16(水) 6:58

【最高裁の判例などで認められた合理的根拠のある区別】①累進課税 ②少年犯罪の刑の軽減 ③国籍条項(日本国籍のない者は公務員に認められない) ④外国人選挙権の否定 ⑤非嫡出子相続分区別(非嫡出子相続分を嫡出子の1/2とする)